Bar LIT(バー・リット)様の電飾看板フィルムのデザインを担当させていただきました。

2020年11月オープンの新店舗ですが、開店当初に設置していたフィルムの透明度が低く、光を透過しない仕様になっていましたので、オーナー様から「しっかりと光る看板に変えたい!」とのご依頼をいただきました。

Bar LIT様  
住所 〒812-0014
福岡県福岡市博多区比恵町2-1-18
トーカン福岡第2キャステールビル B103
電話番号 092-431-8118
ウェブサイト https://bar-lit-bar.business.site/

 

デザイン施工前

画像からは分かりづらいですが、ベタ塗りのフィルムになっているので、光の透過が悪い。

近くで見るとこんな感じ。他の店舗に比べてこちらだけが暗い。

店舗ビル周りと店舗前含めて合計7枚のフィルムの発注をいただきました。

ただ、フィルムの透明度を上げるだけじゃ面白くないので、同時にロゴデザインのリニューアルもご提案したところ、外出自粛で営業を見送りしているタイミングということもあり、快諾していただきました(^ ^)

デザイン過程

オーナー様と何度かの擦り合わせを行った後に、こちらの新デザインに決定。

「LIT」というのは、”ライト”のスラングで、若者言葉とのこと。

多くの場合、若い人たちの間でよく使われていて、「Cool」(かっこいい)とか、「Awesome」(ヤバい)と同じような感じで、「It’s lit!」と言う事で、「めっちゃ楽しい!」とか、「最高!」なんていう気分の時に使われます。

とのこと。なるほど!

また、シンプルだけど意味のあるデザインがお好み…とのことでしたので、オーナー様の想いやコンセプトを元に右脳を働かせてデザイン。

こちらのロゴ、一見すると何やら意味不明なのですが、ロゴのオブジェクトに枠線を付けると…

 

(提案書をちょっとだけ公開)

店名の「LIT」が浮かび上がってくる、というパターンデザインロゴにしてみました。

デザイン施工後

納品後に追記致します。

店舗の看板制作やデザインはアトリエRëmまで。

お問い合わせはこちら